新エネルギー最先端都市をめざして

風と燃料電池で築く温暖化対策最先端のまちづくり

風で起こした電気で水を分解し水素を取り出し、その水素を燃料電池に供給することで、熱・電気を安定的に得る…。我々はこの夢のようなシステムを市民憩いの場である稚内公園ゲストハウスにて現実のものとしました。現在は、このゲストハウスを「新エネルギーサテライト」と命名し、小中学生の環境総合学習や市民に広く開放しています。

詳しくはこちら

大規模太陽光発電を稚内の大地で

日本初のメガワット級大規模太陽光発電の誘致にとりくみ、平成18年にそれを現実のものとしました。我々は、こうした新エネルギー導入による二酸化炭素削減はもちろん、売電益等を基金とした市民による更なる温暖化対策推進をも目標としています。この大規模太陽光発電は、市民を巻き込んだ温暖化対策最先端都市「稚内」のまちづくりの一歩ともいえます。

詳しくはこちら

まちづくりビジョン
まちづくりビジョン
燃料電池システムを使ったエコ足湯
燃料電池システムを使ったエコ足湯

私たちが目指す稚内は、単なる見物客が訪れるだけの新エネルギーモデルタウンではありません。新エネルギーを導入することだけが最終目的でもありません。新エネルギー関連産業が地域に根付くことこそがわれわれの目的なのです。

雇用が生まれれば、人は自然に戻ってくる、そして、それが地球環境・温暖化防止に貢献する仕事であれば働く誇りと喜びが生まれるでしょう。

わたしたちが目指すまちづくりは、ここに住む人々が「地球環境に優しい暮らし」と「心の豊かさ」を実感できる新エネルギー最先端都市としての地域の再生なのです。

今、日本の最先端のまちがこんな夢を抱いて動いていることを、お伝えしたいと思います。

稚内新エネルギー研究会

事務局
〒097-0002
北海道稚内市潮見1丁目9-15
石塚建設興業株式会社 内
TEL:0162-33-4956 / FAX:0162-32-7428

お知らせ

  • イベント開催情報
  • 新着・更新情報

イベント開催情報一覧へ

新着・更新情報

  • 稚内市
  • 稚内北星学園大学
  • 今日が変わる。日本が変える。チャレンジ25
  • 全国建産連 社団法人全国建設産業団体連合会
  • NEDO 独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構